サーモスタットはエンジンとラジエターの間で冷却水の[水門番]として活躍しているパーツです。
 
サーモスタットが閉じている時。

 冷却水“
”はエンジン内のみで循環します。
サーモスタットが開いている時。

 エンジンからラジエターへ冷却水“”を
 循環します。
 エンジン内の冷却水路にはサーモスタットが閉じている時にクーラントがエンジン内で循環できるようにバイパスが
 作られています。
 このバイパスは「サーモスタットが閉じている時は、バイパスが開き、サーモスタットが開いているときは、バイパ
 スが閉じる」という構造になっており、冷却水の循環が効率よく行われるようにしています。
 そして、この水路の切り替えを行うのもサーモスタットの役目なのです。
 もしサーモスタットが無かったら、このバイパスは常に開きっぱなしとなってしまい、エンジン内の冷却水が乱流を
 起こしてしまい、冷却効率が極端に悪化してしまいます。

 サーモスタットの開弁温度とは、メインバルブ(水門)が「開き始める」温度を指します。
 しかしサーモスタットは開弁温度に達したからといって、いきなり全開で開くのではなく、水温の上昇に応じて少しづつ
 開きます。正常なサーモスタットであれば、開弁温度から約10℃〜15℃で全開に開きます。
 ノーマルサーモスタットの開弁温度が76.5℃〜86℃に設定されているのに対して、「ビリオン スーパーサーモ」は、
 エンジンの最適な水温である70℃に合わせるために、基本的に開弁温度を65℃に設定しています。

 エンジンの出力効率からみた最適な水温は70℃なのですが、なぜノーマルサーモは開弁温度が高めに設定されている
 のでしょうか。
 ・排気ガス規制への適合
  水温を高めに設定すると、シリンダー内の燃焼室温度を上げることができます。
  燃焼室温度を上げると、薄い燃料でアイドリングできるようになり、その結果、アイドリング時の「CO」「HC」といった
  有毒物質は減少します。
  しかし、このことで走行中の出力効率は悪化し、特に高回転・高負荷での激しい水温上昇を招くのです。
 ・ヒーターの効率化
  乗用車のヒーターは、基本的に冷却水の水温にその機能を依存していますので、冬場、効率的に機能させるには水温を
  高めに維持しなくてはなりません。
 以上の理由より、純正サーモスタットは開弁温度が高めに設定されているのです。

※本サイト記載の価格は全て税込み価格となっております。ご了承ください。